バストアップサプリ:ブラジャーを正しくつけてバストアップ

バストのサイズに悩んでいる人の中には、自分のバストサイズに合わないブラジャーをつけてしまっている人もいます。 当然ながら、これはよくありません。 大きく見せたいからといってサイズの大きなブラジャーを買っているという人もいるかもしれませんがこれは逆効果なんです。

ですが、胸が小さくてお店で測ってもらうのに抵抗があり、自分に合ったブラジャーが分からないという人もいるでしょう。 そんな人のために、正しいサイズの測り方をご紹介します。
バストアップサプリ、効果的な飲み方と摂取するタイミング

まず、背筋をまっすぐにして立ちましょう。 この時、全身がチェックできる姿見があると便利です。

次にメジャーを使って図っていくのですが、後ろ側からメジャーを回し、アンダーバストを測りましょう。 自分で測る場合は鏡を確認しながらメジャーが床と水平になっているかチェックします。 メジャーの位置は、胸のふくらみのすぐ下です。

次にトップを測ります。 人に測ってもらう際には、自分の手でバストを下から軽く支え、その状態で乳頭の高さでメジャーを回して測ります。

自分一人で測る場合は、一番フィット感の良いブラジャーを付け、脇に流れたバストを寄せたうえで測るようにしましょう。 胸はとても柔らかく簡単に形が変わるので、前かがみの状態になって図ると横に流れてしまったバストの分も図ることができます。

必ず鏡で確認をし、背中に回っている分のメジャーが歪んだりしていないかチェックして測るのがポイントとなります。

あとは測定したトップとアンダーのサイズ、それぞれの差をもとにサイズ表をチェックしながら自分に合うブラジャーを選ぶといいですね。

自分で測る方法について紹介しましたが、やはりショップで店員さんに測ってもらうのが理想的です。 自分のサイズに合ったブラジャーを選ぶことができると、それだけでもバストアップに繋がるので、一度きちんと図ってもらってはどうでしょうか。

どうしても恥ずかしいという場合は、滅多に行かない地域のショップに足を運んで測ってもらうというのもおすすめです。

筋トレでバストアップする方法

バストアップをするために、胸の筋肉を鍛えているという人も多いのではないでしょうか。しかし、注意しなければならないことがあります。 それは、間違った筋トレをすると胸が小さくなってしまうことがあるということです。

よく考えておきたいのが、胸の大部分は脂肪でできているということです。 例えば、太ももが太い時にダイエットをするとしたら、どのような方法があるでしょうか。 特に効果的なのがスクワットなのですが、スクワットをすることでなぜ足が細くなるのかというと、脂肪が減るかわりに筋肉が増え、引き締まるからですよね。

これは、胸の場合も同じで引き締まってしまう可能性があるということです。 バストアップのために胸の筋トレをしていたはずなのに、胸が引き締まってしまったら意味がありません。

ですが、バストアップのために実践したい筋トレもあるのです。 それが、大胸筋を鍛えるための筋トレです。 大胸筋とは、胸の脂肪を支える土台のような役割を持っている筋肉なのですが、ここを鍛えることにより胸の脂肪は残したままで、胸の土台を強化することができます。

歳を取ると誰でも胸が垂れ下がってしまうものですが、これには大胸筋の衰えも大きく関係しているのです。 もともと胸が小さい人の場合、大胸筋が衰えると更に胸が目立たなくなってしまいます。 大胸筋を鍛えて上向きのバストを作ることができれば、それだけで大きなバストアップ効果が期待できます。

大胸筋の筋トレをするためには、特に器具などは必要ありません。 やり方も簡単なので、毎日実践してみましょう。

まず、胸の高さで両手を合掌のような形で合わせます。 次に、両手を押しあうようにして少しずつ力を込めていきましょう。

大切なのは、胸の高さで行うということです。 これを守らないと、大胸筋以外の筋肉を鍛え、胸を小さくすることに繋がってしまう可能性があります。 10秒を2セット行うようにして、やり過ぎは避けることが大切です。

バストのサイズと乳腺の影響

バストアップ方法について考える際に知っておきたいことがあります。 それは、バストアップに関することです。 乳腺が発達している人ほど大きいバストになりやすいので、バストアップのためには乳腺を発達させる方法について知ることも大切です。

必ず誰でも乳腺が発達する方法といえば、妊娠ですね。 妊娠をすると、出産後に赤ちゃんに母乳を与えなくてはならないため、乳腺が自然に発達します。

バストアップのための対策を何一つとっていなかったとしても、数サイズカップがアップするのが普通です。 しかし、妊娠によって乳腺を発達させることができたとしても、ほとんどの場合は授乳が終わった頃から少しずつ元の大きさに戻ってしまいます。

中には妊娠前よりも胸が大きいままの状態を維持することができたという人もいますが、妊娠前よりも胸が小さくなる人もいるので、個人差が大きいです。

そもそも乳腺は何かというと、これは母乳を分泌する役割を持っている器官のことです。 乳腺は片方のバストに15本から25本ほどあるのですが、これは個人差があり、努力で増やすことができるものではありません。 妊娠で数が増えることもあるようですが、バストアップのために妊娠するなんてことはできないわけなので、その他の方法を考えましょう。

ではバストアップするにはどうすればいいのかというと、1つ1つの乳腺を大きくしてあげることが大切です。 乳腺を守るために乳腺脂肪というものがあるのですが、この乳腺脂肪が多い人ほどバストのサイズが大きいです。

乳腺が太くなればその分、乳腺を守ろうとして集まってくる乳腺脂肪が多くなるわけなので、バストアップが期待できます。 そこで、乳腺を大きくするためにはなにをすればいいのかというと、女性ホルモンが関係してくるのです。

よく、恋愛をすると胸が大きくなるなんて話がありますが、これは女性ホルモンが増えることも関係しています。 他にも食べ物に気を付けたりするなどして女性ホルモンを増やす方法があるので、実践してみてはどうでしょうか。